Blog&column
ブログ・コラム

エクステリア工事で使うブロックの種類とは?

query_builder 2021/11/08
コラム
26
家の外回りの工事全般をエクステリア工事と言います。
エクステリア工事では、ブロックを使用することが多々あります。
そこで今回は、エクステリア工事のブロックの種類について見ていきましょう。

▼エクステリア工事のブロックの種類
エクステリア工事で使われるブロックには、種類別に特徴があります。

■強さ
エクステリアの工事で使う際、ブロックの強さによって3種類の中から選び分けて用いるのが一般的です。
ブロックの種類には規格が設けられており、A種、B種、そしてC種となっています。
A種とB種は軽量のコンクリートブロックのため、園芸などに適している一方、C種は強さが求められるブロック塀の建設に用いられる種類です。
また、園芸に用いるA種とB種も、B種の方がA種と比べて強さが増しています。

■形状
基本的にブロックの種類は、先述したAからCの3つに分かれますが、形状がそれぞれ異なるのも特徴です。
例えば、A種は園芸向けのブロックですので、真ん中に3つの穴が開いています。
水はけを良くするためで、見かけた方も多いのではないでしょうか。
B種も園芸用に使われますが、こちらはブロックの上下に横向きに隙間を作っています。
A種とB種はコンクリートブロック塀に用いてはいけないという決まりがあるため、コンクリート塀に使えるのはC種のみで、角部分にコーナーと呼ばれる空間が作られている形状が特徴です。

▼まとめ
エクステリア工事によく使われるブロックですが、目的によって種類を使い分ける必要があります。
種類は3種類ですが、ブロック塀を作る際はC種しか使えないことを覚えておいた方がいいですね。
ブロックを使ったエクステリア工事は、群馬で多くの実績を持つ弊社にお任せください。

NEW

  • 和風な雰囲気にしたいときの外溝工事のポイント

    query_builder 2022/06/15
  • 外構の耐用年数ってどれくらい?場所や素材ごとにまとめます

    query_builder 2022/06/01
  • 外構工事の打ち合わせのポイントと注意点とは?

    query_builder 2022/05/15
  • 外構工事の相場はいくらぐらい?

    query_builder 2022/05/01

CATEGORY

ARCHIVE