Blog&column
ブログ・コラム

エクステリアにおける照明の存在価値と電源について

query_builder 2021/07/28
コラム
8
照明とはエクステリアにおいて、とても重要度の高いものであると言えます。
どのような照明でエクステリアを考えるべきか、気になる電気代も合わせてご紹介していきます。

▼照明を設置する意味
照明がある事で、エクステリアの雰囲気を良くする効果がある事はご理解頂けるでしょう。
しかし雰囲気だけでなく、夜の足元を照らす照明は安全面を確保してくれたり、人感センサー付きの照明であれば、防犯における効果も大きいと言えます。

▼照明の電源の種類
エクステリアにおける照明はどうやって照らすのか。
常に照らしていては電気代が…と気になる方もいるのではないでしょうか?
エクステリアの照明はコンセントに繋ぐタイプもあれば、ソーラーライト、乾電池式など様々なものがあります。
使用方法や目的に合わせて最適なものを選んでみてくださいね。

■コンセントに繋ぐ
コンセントに繋ぐタイプは、安定した明るさを確保でき、電池交換や天気の心配も必要ありません。
しかし、コンセントから近い部分だけとなってしまい、場所を選ぶことにもなり、電気代としては常にかかってしまうというデメリットもあります。

■ソーラーライト
天気の時に勝手に充電してくれる為、電気代や電池交換も必要ありません。
ただし、天気に左右されてしまうということに関しては妥協点となります。

■乾電池式
場所を選ばずに、最も柔軟に照明を機能させてくれるのが乾電池式となります。
とはいえ、電池交換は定期的に必要なため、電池代としてみると割高になってしまいます。

▼まとめ
照明があるという事は雰囲気を大きく左右するものであり、さらには安全面や防犯面においても優秀なエクステリアと言えるでしょう。
電源の種類もいくつかあり、ご自宅の雰囲気に合ったものを選んで、照明を使ってエクステリアを楽しんではいかがでしょうか。

NEW

  • コンクリートの水はけをよくすための方法とは?

    query_builder 2021/09/22
  • コンクリートの照り返しを防ぐための対策をご紹介

    query_builder 2021/09/15
  • カーポートの台風対策について詳しくご紹介

    query_builder 2021/09/08
  • カーポートにはどんな種類がある?詳しくご紹介

    query_builder 2021/09/01

CATEGORY

ARCHIVE